頻尿・尿漏れトレーニングについて

訓練で尿をたっぷり貯められる膀胱になる

頻尿になると尿意や尿漏れが気になりしょっちゅうトイレに行くようになります。このような生活習慣を続けていくと、膀胱にわずかな尿が貯まっただけで排尿してしまうので膀胱にたくさんの尿をためる機会がなくなり、だんだんと小さくなってしまうことがあります。これに対して尿を貯める訓練をすることで伸びる力を取り戻すことができるのです。

 

やり方

トイレに行きたいという間隔は何回か繰り返しながらだんだん強くなってゆきます。そこで、最初に尿意を感じた時には直ぐにトイレに行くのではなく尿意を我慢して何回目かの尿意が落ち着いたところでトイレにいくようにします。最初は1回の尿を我慢すするところからはじめて5分、10分と我慢する時間を延ばしてゆきましょう。1回の排尿で200から300cc程度まで貯めて出せるようになることが一つの目安です。次の排尿までに3時間ンの間隔を置けるようになれば日常生活でトイレの位置ばかりを気にする必要もなくなり、自分の意思で排尿がコントロールできるようになったことを実感できると思います。

 

注意点

この訓練はどのタイプの頻尿にも効果があるわけではなく、精神的なものから起こる心因性の頻尿や科活動膀胱による頻尿には有効です。しかしながら、頻尿の原因が細菌感染や炎症、あるいは前立腺肥大などによる残尿などの場合には効果がないばかりか症状を悪化させることもありますので、自分の頻尿タイプを理解した上で医者の指示にしたがってください。

 

 

骨盤底筋体操で尿の出口を引き締める

病気の治療というと、つい薬を飲むことを考えてしまいがちですが、尿漏れをはじめとする排尿のトラブルにおいて、もっとも安全で簡単にできる治療法はこれです。尿を我慢するには膀胱が良く伸びるのと同時に尿道をしっかり締められるかどうかが重要なので、ここで紹介する骨盤底筋体操が有効です。この方法はいつでもどこでも1人でできますし、年齢を問わない体操で、はじめると半年から1年ほどで徐々に効果が出てきます。

 

メカニズム

骨盤底は背骨の一番下から恥骨までの胴体の底にあたる部分です。ここには骨がなく骨盤底金が膀胱、腸などの骨盤の中の臓器が下がり落ちないようにしっかりと支えています。たまに肛門、膣、尿道と云った器官はここを貫通しており排出においてはこの筋肉が重要な役割を果たしています。これが緩むと、くしゃみ等のわずかな衝撃でも尿道のしまりが悪くなって尿漏れがおきるのです。そこで、緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて臓器が下がるのを防ぎ、尿道や肛門を締める力を鍛えることが目的です。

 

トレーニング方法

この中を貫通している女性の場合は膣か肛門(男性の場合は肛門)を意識してゆっくりとしめていきます。10秒ほど引き締めたら1分ほどインターバルをおきます。この動作を1日1回5回ほど行います。慣れてきたら回数を増やしても問題ありません。ここで注意ですが、排便をする時にいきむようなことはしないでください。逆に悪化します。肛門が体の中にはいる、オナラが出ないようにするというイメージで行ってください。毎日根気よく続けることが大切です。

 

お子さんを産んだらこの体操をしてください

骨盤底とはイメージしにくいと思いますが、骨盤はわかると思います。お尻の骨です。そこの抜けたお茶碗のようになっています。この底にゴムを張ったとします。これが骨盤底の筋肉です。女性にとって骨盤底をもっとも痛めやすいのが妊娠と出産です。特に難産の場合は骨盤底周辺の負担が長時間に及ぶため損傷が起こりやすく、これに比例して尿失禁が起こりやすいのです。ひどいときには尿道や膣の間に穴が空いてしまい、常に尿が垂れ流しになってしまう場合もあります。また、多産だった女性も危ないと云われます。正常なお産では一時的に損傷を受けてもやがては修復されて元に戻ります。ところがそれが重なると、修復が間に合わず軽い損傷が重なることで尿失禁が引き起こされることがあります。近年は少子化が進んでいますので、多産が原因となることは減っています。出産は女性にとって大切な行事ですので、産後からしっかりと体操に励んで尿失禁は避けられます。

 

 

体操に加えて、ノコギリヤシのサプリメントも頻尿に効きます