頻尿の薬物治療について解説します

頻尿の治療には、その原因によっていくつかの薬剤が使われています。細菌感染や炎症による頻尿の場合には、薬が比較的早い段階に大きな効き目を発揮してくれます。また、科活動膀胱が原因となる頻尿の場合には適切なトレーニングと服薬を同時に行うか、いくつかの種類のクスリを組み合わせることで、より高い治療効果を得ることができます。以下に頻尿の治療に使われる主な薬剤を紹介します。毎日きちんと薬を飲むのはなかなか大変で、副作用などが不安になることもあるかもしれません。ですが、薬の効き方を理解することが大切です。

 

抗コリン薬

もともと、トイレに行くのが間に合わずに起こる切迫性の尿失禁の治療のためにつくられた薬ですが、頻尿の治療にも良く使われています。膀胱を収縮させる命令はアセチルコリンが神経の先端から出ると、それを受けて膀胱の筋肉が収縮して尿を押し出すのです。抗コリン薬は、この働きを妨げて膀胱の異常な収縮を抑えます。このおかげでトイレの我慢ができるようになるのです。

 

頻尿の治療に使われている種類

多数あり、通常は飲み始めてから1週間くらい、長くても1ヵ月くらいで効果がでてきます。ここで心配になるのが副作用ですが、抗コリン薬は唾液がでにくくなり口の中が乾くとか便秘になるといった症状が現れることがあります。特にお年寄りは薬の量を調整した方が良いと思います。

 

前立腺肥大症の場合は特別な対策が必要です

過活動膀胱による残尿感が解決されても残尿量が増えたために返ってトイレの回数が増えたり尿が全く出せなくなる心配さえあります。この場合の対策としてαブロッカーという薬を一緒に飲む必要があります。これは尿道の筋肉を緩める働きがありますので、前立腺の肥大で狭められている尿道がゆるみ、尿を通りやすくします。

 

抗生物質

膀胱炎や尿道炎などの細菌による感染が原因でおこる頻尿では抗生物質が一般的です。膀胱、尿道、前立腺などが細菌に感染すると感染した組織から脳に向けて強い刺激出されます。そのため、健康な時には尿意を感じないような少量の尿が膀胱に貯まっただけでトイレに行きたくなり頻尿になってしますのです。これらの病気の特徴は感染後、1日から数日以内に症状が出始めて同時に排尿時に痛みを感じる、下腹部が痛む、尿が濁るなどといった不快な状態に悩まされることです。しかし、尿検査で原因となっている菌を特定して、それに対して効き目のある抗生物質を適切に選んで治療すればほとんどの場合、数日のうちに良くなります。

 

医師の指示通りに服用しましょう

抗生物質の多くは尿の中に高い濃度で出てきます。必要な量を決められた感覚で服用して体内での濃度を保ち、菌を攻撃し続けることで効果がよく現れます。逆になかなか症状がよくならない場合には膀胱結石、膀胱結核、がん等の他の病気が原因となっている可能性もありますので抗生物質の効きが悪くなっていることもあります。

 

膀胱平滑筋弛緩役

ブラボキサートと呼ばれる薬で膀胱の平滑筋に働きかけて筋肉をゆるめます。結果として膀胱に沢山の尿が入るようになりトイレの回数を減らすことができます副作用も少ないのです。

 

 

薬を使うのに抵抗がある、できるだけ自然に治したいという方にはノコギリヤシのサプリメントがおすすめです。