頻尿とおもらしの原因として多い前立腺肥大症とは

中高年男性でみられる頻尿のもっとも多い原因は前立腺肥大症です。前立腺は男性にしかない臓器です。膀胱の出口から尿道の周囲を包むように存在しており、精液の一部をつくっています。前立腺は男性ホルモンの影響を強く受けています。年をとってくると、前立腺の内線という内側の部分に良性のしこり(腫瘍)ができて、それが育ち、全体のサイズがおおきくなってゆきます。中年以降の男性の約半数にこのような前立腺の肥大がみられます。けれども、全率せんが肥大しているとかならず排尿にトラブルがあるわけではありません。実際には2人に1人くらいの割合で起こります。

 

どのような症状なのか?

トラブルがある人は大きくなった前立腺が暴行の出口や尿道を圧迫します、。それだけでなく、前立腺の神経が異常に活発になって、前立腺を緊張させて尿道を締め付けている場合があります。これらの原因により、尿の出はじめが遅れる、尿に勢いがない、トイレに時間がかかる、尿の切れが悪いといった症状が出てきます。さらに悪化すると尿がほとんど出ない尿閉の状態になってしまうことがあります、この時にはお膀胱には尿がいっぱい貯まっているのに尿を出すことができず、非常に苦しい思いをします。

 

尿が出にくいだけじゃない

こうした尿が出にくい症状は尿の通り道が狭くなったためにおこるものです。一方、前立腺肥大の症状には、トイレが近くて、途中でお漏らししてしまうといった尿が出すぎるという症状もおこります。このような症状は尿の以上のために起こっており、前立腺肥大症では尿が出にくいのに膀胱は尿を出そうと常に無理をしている状態となります。、結果として膀胱の活動が異常に高まり、過活動膀胱になってしまうのです。

 

前立腺肥大の治療方法

初期の前立腺肥大症はサプリメントを飲むことで症状を解決することができます。しかし、前立腺の肥大が大きい時には手術による治療が必要となります。