頻尿とお漏らしの原因である過活動膀胱を解説します。

過活動膀胱のつらさ

突然、トイレに行きたくなったり、全く我慢ができない。こうした症状を伴う頻尿は細菌の感染や炎症が原因になっていることが多いです。なかには膀胱の筋肉がかってに縮んでしまう現象によって引き起こされている場合もあります。このような膀胱の病気を云います。過活動膀胱の特徴は急に尿をしたくなる尿意切迫感です。

 

過活動膀胱の原因

原因としては、脳や脊髄など、神経系のトラブルが挙げられます。通常尿がたまると、膀胱は脳にそろそろいっぱいになるという信号を送り脳からの指示を待ちます。膀胱内に尿を貯めている時の脳は膀胱に向けて勝手に縮まないように指令を出して、尿が出るのを防ぎます。脳からの命令がでなかったりすると膀胱はコントロールできなくなります。結果として、本来ならためられるはずの量の尿を貯めきれず、頻繁にトイレに行きたくなるのです。悪化すると、急な尿意に対応できずお漏らしをしてしまうのです。このような脳が膀胱をコントロールできなくしてしまう病気として脳血管障害が代表的です。これは脳出血、脳こうそく、くも膜下出血等が挙げられます。頻尿や尿失禁の症状は脳血管障害に悩んでいる患者さんの半数に起こると云われています。また、頭に水が貯まる水頭症や脊柱管狭窄症、頭や脊髄の怪我等でも神経にトラブルが発生して頻尿になることがあります。

 

頻尿とお漏らしの解決策をトップページで解説しています。