前立腺肥大の薬物治療について

αブロッカー

もっとも使う機会の多い薬剤はこれです。大半の医師はまずこれを使います。副作用も比較的弱いので、おすすめです。

 

効果

膀胱の出口や前立腺には、それらを閉める働きをする交感神経がたくさん分布しています。興奮すると収縮が尿を出にくくします。これを防いでくれるのです。

 

前立腺肥大と戦わないのが治療の基本

尿が途切れる、勢いがない、何度も起きる等といった症状が強い時に寝不足の状態になることが否めません。そんな中、薬物療法ということでαブロッカーを提案しますが、 あくまでも緊張することを抑えるだけです。即効性はありますが、飲み合わせに気を付ける必要がある副作用はあります。

 

副作用

 

立ちくらみ

末梢血管を広げて血圧を下げる効果がありますので、立ちくらみやめまいがおこります。血圧の低い人や既に降圧剤を飲んでいる人、心筋梗塞などの心臓病を患っている人は主治医に相談して慎重に飲む必要があります。

 

逆行性射精

セックス時に射精される精液の量が減る副作用が20%から30%の患者さんにみられます。具体的には射精する感覚はあるのですが、実際にペニスから射精させる精液量が極端に少なかったり、まったく出なくなって膀胱に逆に流れてしまうことです。この場合は、服用をやめれば治ります。

 

抗男性ホルモン薬

αブロッカーの他にもこれが使われます。男性ホルモンの働きを弱めることで前立腺を収縮させる作用があります。

 

副作用

 

勃起障害

処方する前には患者さんと副作用が出てもよいかを医師が話し合います。

 

うっ血性心不全、肝機能障害

ホルモン製剤を使うと体液が増えやすくなり、心臓の大静脈に血が貯まりやすくなります。すると心臓への負担が増えて、心臓や脳に血栓ができやすくなるのです。体がむくむこともあるのです。心臓病のある人は主治医と十分に話し合った上で使用するか否かを決める必要があります。

 

このようなリスクがあることから基本的に以下の3条件を満たしている場合に処方されることが多いです。
・70才以上
・前立腺の大きさが30g以上
・αブロッカーが効かなかった場合

 

できるだけ使いたくない薬ですので徐々に減らしてゆくことを検討します。