前立腺肥大症の症状と治療する方法とは?

男性にとって宿命のような病気です。前立腺は30台から少しずつ肥大し始め40代は40%、50代で50%と各年代で同じパーセンテージで増え続けることが分かっています。

 

症状

ただ、前立腺が肥大しているからといって必ず治療をしなければいけないわけではありません。肥大した部分は癌とは違う発生過程をたどりますから悪性ではなくあくまでも良性です。前立腺がおおきくなっていてもこれといった症状を訴えない人もいます。逆にそれほど大きくなくても大変な状態になる人もいます。日常生活に差し障りがないならば治療の必要はありませんが、つらくなってきた時点で治療をはじめれば良いのです。

 

残尿感

排尿し終わった後でもすっきりしない感じが残ることです。

 

尿が途切れる

排尿のピークでのことです。1秒あたりの尿流量を測るとちょうど山型の線を描きます。最初はやや少ないところからはじまり間もなく勢いをましてピークとなり徐々に勢いを弱めていきます。排尿の終わりにジョロジョロと数かく途切れたり出たりするのは男性特有の特徴なので問題ありません。だいたい、排尿をはじめてからおわるまでの時間はせいぜい20秒です。前立腺肥大になると30秒以上かかるという人も少なくありません。

 

排尿を我慢できない

尿意を模様推したおり、トイレまで間に合わない感じがする、また漏らしそうになるという意味です。これらの症状以外にも尿意あるのに出せないとか、尿がもれて下着を濡らす等の症状が出る場合もあります。排尿時に尿道に痛みをかんじる症状もあるいます。ひどい症状になると昼間も夜中も何度も尿意を感じたり何度も排尿したくなる頻尿状態になったりする切迫性尿失禁等の症状を示します。

 

治療法

今は薬物療法で8割、9割治ります。もちろん、症状が安定しない状態で薬をやめるとぶり返してしまうのですが落ち着いて来たら量をへらしたり一時的にやめても問題ありません。他には手術する療法もあります。こちらも改良が進んで出血が少ない、まったくない等の体に負担のかからない方法が確立されています。また、昔の手術方法は射精機能が落ちてしまうという問題がありましたが最近では射精機能の温存率が高い手法もあります。

 

これら症状の改善にはノコギリヤシが効きます。医療機関でも処方しているところがあるくらいです。各社が出しているサプリメントの口コミと評判から作成したランキングはこちらです。是非、参考にしてください。